【ロンドン時事】ハンコック英保健相は26日、側近の既婚女性との不倫が報じられたことを受け、引責辞任した。新型コロナウイルスの対応に追われる中、国民に社会的距離の確保を呼び掛けておきながら、自らこれを無視して女性と抱き合い、キスしている写真が流出していた。
 約12万8000人の死者を出し、欧州最悪級の被害を出した英国のコロナ対応の迷走を象徴する辞任劇となった。
 ハンコック氏はジョンソン首相に提出した辞表をツイッターで公開し、「私の私生活が、この危機を乗り越えるためのいちずな取り組みから注意をそらすことになってはいけない」と説明。さらに国民向けの動画も公開し、「この国の全員が支払ってきた犠牲を理解している」として謝罪した。
 ハンコック氏をめぐっては、25日付の英大衆紙サンが側近女性との不倫を報道。保健省の執務室内でキスをしている写真も掲載した。ハンコック氏の行為は同居家族以外との抱擁などを禁じていた当時のコロナ規制に違反していた。
 ハンコック氏は25日時点では続投の意思を表明し、首相もこれを支持していた。しかし、野党だけでなく与党からも辞任を求める声が上がり、世論調査でも辞任要求が多数となった。
 首相は後任にジャビド前財務相を充てた。 (C)時事通信社