東京都議選(7月4日投開票)の選挙期間中唯一の日曜日となった27日、与野党幹部は都内各地でマイクを握り、支持を呼び掛けた。各党とも今秋行われる見通しの衆院選の前哨戦と位置付けており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」発令中にもかかわらず、舌戦は熱を帯びた。
 自民党の加藤勝信官房長官は吉祥寺駅で演説し、菅義偉首相が重視するコロナのワクチン接種について「実際は100万回どころではなく、たぶん120万を超える接種が全国で毎日行われている」と説明。「それが安心と安全につながる。経済にも大きなプラスになる」とアピールした。
 立憲民主党の枝野幸男代表は八王子駅で街頭に立ち、「日本は先進国の一角。その首都で(コロナ患者の一部が)まともな医療も受けられず亡くなっている」と指摘。「これを止めるため、政治を根っこから変えよう。競争だ、自己責任だとあおってきた政治を変えていこう」と訴えた。
 政党同士の批判合戦も激しさを増した。公明党の山口那津男代表は池袋駅で「(ワクチンを)無料で接種するための第3次補正予算に反対した政党がある。共産党だ。責任感が貫かれていない」と指弾した。
 攻撃を受けた共産党の志位和夫委員長は自由が丘駅で、東京五輪中止を求める立場から「公明党代表は都議選第一声で五輪(の是非)に一言も触れなかった。この大問題にだんまりを決め込むのはあまりに無責任だ」とやり返した。
 地域政党「都民ファーストの会」の荒木千陽代表は東中野駅で、都議会第1党の勢力維持に向けて「都民の命と暮らしを守るため、国に忖度(そんたく)しない都民の代弁者が絶対に必要だ」と力説。国民民主党など他党の幹部も各地で支持を訴えた。 (C)時事通信社