菅義偉首相は28日午前、羽田空港を訪れ、東京五輪・パラリンピック開催に向けた新型コロナウイルス水際対策などを視察した。この後、記者団に対し、インド由来のデルタ株対策も含めて「厳格なルールを適用する」と述べ、対策をさらに強化する方針を示した。
 首相は「デルタ株の影響も懸念される中、水際の最前線を視察した。選手は入国前に2回検査、入国後は毎日検査する。外出先を限定し、国民とは接触できないような厳格なルールを適用する」と説明。「さらに徹底して対策を行うよう指示した」と語った。
 首相は、ウガンダ選手団が入国時に陽性が確認されたことに関し「今度、飛行機の中でも濃厚接触者をしっかり位置付け、さらに違う車を用意するとか、しっかり対応していきたい」と述べた。
 東京都の新規感染者が増加していることについては「高い警戒感を持って感染対策に当たらなければならない。必要であれば機動的な対応もしていきたい」と強調した。 (C)時事通信社