新型コロナウイルス対策の「家賃支援給付金」を詐取したとして経済産業省のキャリア官僚2人が逮捕された事件を受け、梶山弘志経産相は28日記者会見し、「誠に遺憾。深くおわび申し上げる」と陳謝した。また、捜査による全容解明を待って「厳正に対処する」と述べた。同省は2人を厳正処分する方針。
 梶山氏は「このような案件を未然に防げなかったのか検証が必要」として、再発防止策を検討する考えを示した。所管する中小企業庁が全力で給付事務に当たっていた最中の不正行為に「大変憤りを感じている」と語気を強めた。 (C)時事通信社