全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は28日、新型コロナウイルス対策をめぐり西村康稔経済再生担当相とテレビ会議を開いた。飯泉氏は「大規模イベントが感染の引き金にならないよう十分に注意が必要だ」と述べ、今夏の東京五輪・パラリンピックで来日する選手団への水際対策を徹底するよう求めた。
 飯泉氏は、東アフリカ・ウガンダ選手団の中から陽性者が確認されたことに関連し「入国時に陽性者が見つかった場合は濃厚接触者を早期に確定し、受け入れ自治体に移送することなく、国の指定施設へ隔離していただきたい」と訴えた。
 終了後、取材に応じた飯泉氏によると、西村氏は「ウガンダ選手団の受け入れを一つの教訓としたい」と述べ、今回の対応を検証した上で、関係機関が連携した対策を検討する意向を示したという。 (C)時事通信社