ダイドーグループホールディングスの連結子会社、ダイドーファーマ(大阪市)は28日、米バイオ製薬企業カタリスト・ファーマシューティカルズと難病の「ランバート・イートン筋無力症候群」への効果が期待される医療用医薬品の国内でのライセンス契約を結んだと発表した。 (C)時事通信社