【ロンドン時事】英オックスフォード大は28日、2種類の新型コロナウイルスワクチンを組み合わせて接種した場合でも、強い免疫反応が得られたとする研究結果を発表した。米製薬大手ファイザーと英製薬大手アストラゼネカのワクチンを1回ずつ接種した場合の効果を検証した。
 免疫効果を高めるため、今年秋から来年にかけて3回目の接種の必要性を指摘する声がある一方、1回目のワクチン接種で、強い副反応が出た事例も報告されている。今回の研究結果を受け、各国で柔軟なワクチン接種の可能性が広がりそうだ。
 研究では、ファイザーとアストラゼネカのワクチンをどの順番で接種しても、アストラゼネカを2回接種した場合よりも強い免疫反応が得られた。ただ、最初にアストラゼネカ、次にファイザーの順番にした方がより高い効果があったという。
 研究チームのマシュー・スネイプ教授は声明で「これらの結果は、組み合わせの接種をする際の貴重な指針となる」と述べた。 (C)時事通信社