旭川医科大(北海道旭川市)の学長選考会議は29日までに、吉田晃敏学長の解任を24日付で萩生田光一文部科学相に申し出たと発表した。判断理由として、新型コロナウイルス感染患者の受け入れに関する不適切な言動など計34件を列挙した。
 選考会議は、問題の背景に吉田氏の14年間の長期在任を挙げ、「ガバナンスが機能しなくなり、適切な改善がなされないままとなった。このような状況を招いた学長としての責任は非常に重い」と指摘。契約切れの学長特別補佐への報酬など、計約700万円の不正支出を行っていたことも理由に挙げた。 (C)時事通信社