【シドニー時事】オーストラリアのジョイス副首相が新型コロナウイルス感染防止のためのマスク着用義務に違反したとして、200豪ドル(約1万6700円)の罰金を科されていたことが29日明らかになった。地元メディアが報じた。
 報道によれば、ジョイス氏は28日に東部ニューサウスウェールズ州北部アーミデールのガソリンスタンドの店舗内で、マスクを着用せずに代金を支払った。通報を受けた警察が店内の監視カメラで確認し、罰金を通知した。州当局は屋内の施設でのマスク着用を義務付けている。警察は「(ジョイス氏が)反省の態度を示し、協力的だった」と語った。 (C)時事通信社