自民党の旧谷垣グループは29日夜、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開催した。緊急事態宣言解除後、党内の派閥・グループがパーティーを開くのは初めて。特別顧問の谷垣禎一前幹事長はあいさつで「今年は必ず衆院選がある。自分たちの思いを国民にぶつけて勝利を果たしてもらいたい」と呼び掛けた。
 3度目の緊急宣言発令前の4月中旬に実施した麻生派を除き、各派も今後、順次パーティーを行う予定。新型コロナウイルス感染が収束しない中でのこうした動きについて、二階俊博幹事長は記者会見で「それぞれの派閥の判断で常識的に対応すると思う」と語った。 (C)時事通信社