【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮労働党政治局は29日、党主要幹部を集めた拡大会議を招集し、金正恩総書記が会議を指導した。正恩氏は新型コロナウイルスの防疫対策に関連し、「国家の重大事を任された責任幹部の怠慢により、国家と人民の安全に大きな危機を生む重大事件を発生させた」と強く叱責した。朝鮮中央通信が30日伝えた。
 「重大事件」の具体的内容には触れていないが、国内で新型コロナの感染が確認されるなどの緊急事態が起きた可能性がある。北朝鮮は厳格な国境封鎖を実施しており、これまで国内で感染者は一人も発生していないと主張している。 (C)時事通信社