東京都は30日、新たに714人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1週間前の水曜日より95人多い。700人を超えたのは5月26日以来。新規感染者の直近1週間平均は508.4人で、前週より20.3%増えた。
 都の担当者は、人出が多い状況が続いていると指摘。「このままずっと続くと、どこかで感染爆発につながりかねない」と警戒感を示した。
 都によると、新規感染者は20代が201人で最多。40代143人、30代132人と続いた。都基準の重症者は前日より4人増え、47人になった。
 国内では、計1821人の新規感染が判明。累計はクルーズ船の乗船者を含め80万531人となり、80万人を超えた。死者は計41人、厚生労働省の集計による重症者は、前日から29人減って523人だった。 (C)時事通信社