菅義偉首相は30日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス対策の関係閣僚会議で、「新規感染者数は多くの地域で低い水準にとどまっているが、東京は増加傾向にある」と指摘した。その上で「高い警戒感を持って対策を徹底するとともに、状況をよくみて必要な対策を機動的に講じていく」と重ねて強調した。
 首相はワクチン接種に関し「有識者からは重症化を抑えるだけでなく、感染者数そのものを大きく減少させる効果があり、接種加速によって経済活動の再開が大きく早まるとの指摘をいただいた」と紹介。「今後、経済運営にも万全を期していく」と語った。 (C)時事通信社