京都大などは1日、ほくろが直径20センチ以上になる「先天性巨大色素性母斑(ぼはん)」の臨床研究で、皮膚の再生を確認し母斑の再発も起きなかったと発表した。研究グループは7月に医師主導の臨床試験(治験)を始める。論文は米国の国際学術誌に掲載された。
 先天性巨大色素性母斑は、成人になるとほくろが直径20センチ以上になる病気で、2万人に1人の割合で発症し、皮膚がんが数%程度で起きるとされる。母斑を切除した場合、患者から採取した皮膚を移植するのが一般的だが、母斑が大きいと移植できる皮膚が限られるため、完全に切除できない場合もある。
 研究グループは、切除した患者の母斑組織を高圧処理して細胞を死滅させた後、母斑組織があった皮膚を元の部位に移植する方法を開発。2016年2月~19年6月に世界初の臨床研究を行い、10例中9例で、移植から1年後に母斑細胞が残っていないことを確認した。 (C)時事通信社