全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は1日、新型コロナウイルス対策をめぐり田村憲久厚生労働相とテレビ会議で意見交換した。飯泉氏は、東京五輪・パラリンピックを控え「各国選手団の入国が本格化する中、なお一層の対策の強化、徹底をお願いしたい」と述べ、水際対策を改めて要請した。
 政府は、入国時に陽性者が判明した場合、濃厚接触の疑いがある人は事前合宿の受け入れ自治体に移送せず、国が指定する一時滞在施設に隔離する方針を示している。ただ、空港から近い自治体は対象外となっており、一部知事から「意見が十分に反映されていない」などと注文が出ていた。
 飯泉氏によると、こうした意見を田村氏に伝えたが、具体的な回答はなかったという。 (C)時事通信社