厚生労働省は1日、東京五輪の事前合宿のため来日したウガンダの選手団から新型コロナウイルス陽性者が確認されたことに関し、同じ航空機の搭乗者から感染者が見つかったと明らかにした。野党側の照会に答えた。
 ウガンダ選手団は6月19日午後に成田空港着の便で来日。同便に搭乗していた10代男性からも陽性反応が出たという。厚労省は、男性の国籍について明らかにしていない。 (C)時事通信社