医薬品メーカーの興和(名古屋市)は1日、新型コロナウイルス治療薬として、抗寄生虫薬「イベルメクチン」の臨床試験(治験)を行うと発表した。北里大、愛知医科大、東京都医師会などと協力し、近く800~1000人規模で開始。投与量や間隔、効果を確認し、来年にも厚生労働省への申請を目指す。 (C)時事通信社