大阪府の吉村洋文知事は2日、河野太郎規制改革担当相と内閣府で面会し、新型コロナウイルスの感染拡大リスクが高い大都市圏などに対し、ワクチンを優先配分するよう求めた。河野氏は「いろんな意見を伺いながら配給したい」と述べるにとどめた。
 吉村氏は「長期的に緊急事態宣言が出されているエリアなどを『ワクチン接種重点地域』に指定し、できるだけ早くワクチンを供給していくことが必要だ」と訴えた。 (C)時事通信社