愛知県西尾市が大手薬局チェーン「スギホールディングス(HD)」の杉浦広一会長(当時)夫妻に便宜を図り、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受けさせようとした問題で、市は2日、中村健市長と近藤芳英副市長の給与を減額するなどの処分を発表した。
 スギHD側の要請を受けて優先的な接種を指示したとして、副市長は2カ月分減額、監督責任があったとして市長を1カ月分減額する。副市長から便宜の指示を受けた健康福祉部長は訓告とした。近藤副市長は「いま一度、全体の奉仕者として誠実かつ公平という基本に立ちかえり、市民の信頼回復に努める」とのコメントを発表した。 (C)時事通信社