【デトロイト時事】男子ゴルフの松山英樹選手が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、出場していた米ツアーのロケット・モーゲージ・クラシックを第2ラウンドのスタート前に棄権した。2日にPGAツアーが発表した。
 松山選手はPGAツアーを通じ、「大会を棄権することになって残念です。周囲の全ての人の安全と健康を確保するため必要な全ての予防措置を取ります。回復して一日も早く競技に復帰できることを楽しみにしています」とのコメントを出した。症状についてはPGAツアーの広報担当者が「個人情報のため公表できない」としている。
 4月のマスターズ・トーナメントを制した松山選手は15日から全英オープン選手権、29日からは東京五輪を控えており、影響が懸念される。 (C)時事通信社