【ビジネスワイヤ】世界電子たばこ使用者連盟は、電子たばこの使用を支持して通常の喫煙を打倒することで2億人の命を救うキャンペーンを開始すると発表した。世界電子たばこ使用者連盟は、電子たばこの使用を喫煙と同等に扱う法律を導入する欧州での動きに反対している。同連盟によれば、電子たばこの使用が喫煙と同一視された場合、電子たばこの税率の引き上げ、フレーバーの禁止、その他の規制が原因で、何百万人という電子たばこ使用者が再び喫煙せざるを得なくなる可能性がある。(C)時事通信社