新型コロナウイルスワクチンの接種が進む中、接種を受けたくないと考える人が約11%いることが5日、国立精神・神経医療研究センターなどの全国調査で分かった。約74%が副反応への心配を理由に挙げた。接種を敬遠する傾向は、特に若い女性で強く見られた。
 調査は同センターや福島県立医科大などの研究グループが実施。2月にインターネットを通じて全都道府県の15~79歳の2万6000人にアンケートし、約2万3000人の回答を集計。全体の11.3%が「受けたくない」と回答した。「受けたい」は35.9%、「様子を見てから受けたい」は52.8%だった。
 接種を受けたくないと答えた割合を男女・年齢別に見ると、女性は15~39歳が15.6%で最も高く、40~64歳が13.2%、65~79歳が7.7%と続いた。同様に男性は14.2%、10.6%、4.8%となり、男女とも年齢群が低いと接種敬遠の割合が高かった。
 「受けたくない」と答えた理由を複数回答で尋ねると、最多は「副反応が心配」(73.9%)だった。「あまり効果があると思わない」(19.4%)などのほか、「インターネット交流サイト(SNS)やメディアで勧められた」(2.8%)との回答もあった。
 接種をめぐっては、SNSで「不妊につながる」などのデマも見られる。同センターの大久保亮室長(臨床疫学)は「特に若い人は情報源をSNSだけに頼るのではなく、厚生労働省のホームページを見るなどして広げてほしい。国も正確な情報が多くの人に届くよう、より工夫するべきだ」と指摘している。 (C)時事通信社