北海道の鈴木直道知事は5日、札幌市で行われる東京五輪のマラソンや競歩について、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的に無観客で実施するよう大会組織委員会に要請したことを明らかにした。同日の組織委との協議後、道庁で記者団の取材に応じた。
 協議には、組織委から佐藤広副事務総長らが出席。道は、マラソン・競歩の観客取り扱いの早期決定▽観戦自粛の周知▽海外から訪れる人の対策徹底▽地域に影響を与えない医療体制構築―などを求めた。鈴木氏によると、佐藤氏は「極めて短い時間で自治体や国と調整しなければならない」と述べたという。 (C)時事通信社