【ロンドン時事】ジョンソン英首相は5日、記者会見し、イングランドで導入されている新型コロナウイルスの感染規制について、19日からほぼ全面的に解除する方針を明らかにした。データを見極め12日に最終決断する。ワクチン接種が進み3月から死者数は激減した。ポストコロナの社会構築へ英国は大きな一歩を踏み出す。
 現在も英国の感染者数は増加傾向にあるものの、ワクチン接種の進展で「感染と重病者の関連性が弱まった」(首相)ことから解除可能と判断した。保健省のまとめでは、5日の1日当たりの新規感染者数は2万7000人を超えた一方、死者は9人だった。
 計画では、19日からは屋内交流の人数制限が撤廃され、マスク着用が任意となる。他者と社会的距離も不要。結婚式などでの人数の上限がなくなり、自宅勤務の推奨も停止。ナイトクラブもパンデミック(世界的大流行)以来で初めて再開が許可される。 (C)時事通信社