【バンコク時事】タイのプラユット首相は5日、新型コロナウイルス感染者の自撮り写真に並んで納まり、濃厚接触したことが判明し、1週間の自主隔離に入った。
 首相は1日、南部プーケットで、ワクチンを接種した入国者の隔離免除開始を記念する式典に参加。同席した東北部スリン県のウィラサック商工会議所会頭が首相と自撮りし、写真をフェイスブックに投稿した。 (C)時事通信社