立憲民主党の逢坂誠二・新型コロナウイルス対策本部長、長妻昭副代表らは6日、東京五輪開幕を前に羽田空港を視察した。政府の水際対策を検証するのが狙いで、選手や五輪関係者が入国時に、一般客と動線が分かれているかなどを確認した。
 逢坂氏は視察後、入国手続きが済んだ選手らが、一般客と同じトイレを使用できると指摘。「(動線分離が)曖昧で水際対策に課題が多い。早急に政府は立て直しをして、感染防止に努めなければいけない」と述べた。 (C)時事通信社