岸信夫防衛相は6日の記者会見で、静岡県熱海市で発生した土石流を受け現場に派遣された自衛官約360人(5日夜時点)のうち、新型コロナウイルスワクチンの接種を1回以上受けた隊員は約40人だったと明らかにした。全体の約1割にすぎず、岸氏は自衛官の職域接種について「できるだけ早く広めていけるように関係省庁と調整を進めている」と述べた。 (C)時事通信社