文部科学省は6日、東京五輪・パラリンピックの開会式などが開かれる国立競技場での新型コロナウイルスの感染リスクについて、1万人の観客が入った場合を想定しても「リスクは低い」とする試算結果を公表した。
 試算は、文科省の指示を受け、理化学研究所がスーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使って実施。観客1万人の中に従来株の感染者10人がいると仮定して4時間滞在した場合、新規感染者が何人生じるかを予測した。
 その結果、設計通り毎秒0.7メートルの風が観客席の後方から吹く場合、座席を詰めて座ると新規感染者は0.08人となった。前後左右に空席を設けるとほぼゼロだった。
 一方、前方から風が吹くと、階段状の座席配置が影響し、後席の観客が飛沫(ひまつ)を浴びやすくなりリスクが増加した。空席なしだと4.7人、1席ずつ空けた場合は0.23人となった。 (C)時事通信社