加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が続くインドネシアが外国人の国内での移動制限を強化していることに関し、「在留邦人の移動が過度に制限されないよう働き掛けを行っていく」と語った。
 インド由来のデルタ株による感染がインドネシアで急拡大。同国政府は4日、外国人はワクチンを接種しなければ国内移動や出国を認めないと通達したが、日本政府の要請で出国に接種証明は不要となった。
 一方、インドネシア国内の移動には引き続き接種証明が必要で、地方からジャカルタなどへの航空機乗り継ぎに支障が出ているという。政府関係者は「国内の感染対策を否定するものではないが、外国人が国外に出るために配慮するのは当然」として、引き続き運用改善を求める方針だ。 (C)時事通信社