日本ハンドボール協会は6日、東京五輪に向けて味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で合宿中の女子代表チームのスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このスタッフは無症状で、他に体調不良を訴える選手らもいないという。
 チームは6月29日に集合して全員がPCR検査で陰性と判定されたが、連日検査を受ける中で5日にスタッフ1人の陽性が判明して全員が自室待機となった。6日に他の選手、スタッフは陰性が確認され濃厚接触者もいないため、練習再開が許可された。 (C)時事通信社