河野太郎規制改革担当相は6日の記者会見で、職域接種などで使用する米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンについて、6月末までの供給量が4000万回分としていた当初契約より、大幅に少ない1370万回分だったと明かした。河野氏は、モデルナ製に対する世界的需要の高まりが理由と説明。「日本政府として必要な量を確保した」とも強調した。
 米ファイザー製ワクチンについては、7~9月は2週間ごとに1万箱(1170万回分)を自治体に配送するとの計画を発表した。ワクチンの見通しを示すよう求めていた自治体の要望に応えた。 (C)時事通信社