政府は6日、新型コロナウイルス変異株への水際対策を強化するため、インドネシアからの入国者について、指定施設での10日間の待機を求めると発表した。現在の待機期間は6日となっている。9日から実施する。同国では、インド由来のデルタ株による感染急拡大が続いている。ザンビア、キルギスについても10日間の待機を求める。 (C)時事通信社