【ウィーン・ロイター時事】オーストリア南部グラーツで5日、住民の男性(65)がトイレで便座に腰掛けたところ、中にいたニシキヘビにかまれる騒動があった。
 地元警察の声明によると、男性は午前6時ごろトイレに入った。「座った直後に性器の辺りにチクリとするものを感じた」ため、振り返ったところ、便器の中に約1.6メートルのアルビノのニシキヘビを発見した。男性は軽傷で、病院で治療を受けた。
 ニシキヘビは、連絡を受けた専門家が取り除き、飼育していた隣人(24)の元に返された。知らない間に抜け出し、下水管を通って男性のトイレにたどり着いたとみられている。 (C)時事通信社