衆院は7日、国会議員、秘書、国会職員らを対象にした新型コロナウイルスワクチンの職域接種について、目指していた月内開始は困難と関係者に通知した。ワクチン供給が滞っているという。参院も準備を進めていた月内の開始が8月9日の週以降にずれ込むとし、具体的な開始時期が決まれば関係者に知らせ、接種の希望日を提出してもらうとしている。 (C)時事通信社