【バンコク時事】タイ保健当局は7日、新型コロナウイルスに感染したバンコク近郊在住の日本人男性(75)が死亡したと発表した。タイで感染者の日本人の死亡が確認されたのは初めて。
 タイではインド由来のデルタ株による感染が急速に拡大。今月に入って新たな感染者が5000人を超す日が続いている。
 一方、南部のリゾート地プーケットで1日に開始したワクチン接種済みの入国者の隔離免除に関し、6日にドバイから到着したアラブ首長国連邦の男性が空港での検査で初めて陽性と診断された。男性は病院に搬送され、同じ飛行機に搭乗した入国者は2週間の隔離に入った。 (C)時事通信社