政府が東京都に対し、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を発令する方針を固めたことを受け、都は7日夜、今後の対応を協議した。感染再拡大が続く中、飲食店の酒類提供は再び停止が不可避な情勢となっている。開幕が迫る東京五輪に関しても「無観客開催」も含め検討している。
 小池百合子知事は退庁時、記者団に対し、4度目となる宣言について「(新規感染者数などの)上昇が続いているので(宣言に伴う)措置も必要な段階だ」とし、酒類提供停止などの厳しい措置に戻す可能性を示唆した。五輪に関しては「とても厳しい状況だが、コロナ対策を進めながら安全に開かれるようにしたい」と述べた。
 小池氏は同日夕、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長と都庁内で会談。終了後、尾身氏は記者団の取材に「今の東京の感染状況について意見交換した」と述べた。大会期間中の感染対策なども話し合ったとみられる。
 都内の新規感染者数は増加傾向で、国指標のステージ4(感染爆発)に達している。人出の抑制を図るため、都は大型商業施設などに対して休業や営業時間短縮を要請するかどうかも協議する方針だ。 (C)時事通信社