宮内庁の西村泰彦長官は8日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催をめぐり、天皇陛下が新型コロナウイルス感染拡大につながることを「懸念されていると拝察している」とした自身の発言について、「私としては、開催に当たって感染防止対策の徹底をしていただきたい、そこに尽きる」と述べた。
 陛下の開会式出席などに関しては、国際オリンピック委員会(IOC)や政府、大会組織委員会などの5者協議の結果を見守る姿勢を示した。皇室の方々の競技観戦についても「組織委からの正式な願い出が来た時点で判断することになる」と話した。 (C)時事通信社