国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日に広島市を訪れる見通しであることに関し、広島県の湯崎英彦知事は8日の記者会見で「来られるときには必要な(新型コロナウイルス対策の)防疫措置が取られているかを確認したいと思っているし、受け入れ側としても感染対策を徹底していきたい」と述べた。
 16日は国連総会が採択したオリンピック休戦決議の期間が始まる日で、知事は「平和についてのシンボリックな意味のある日だ」と指摘。「その日に世界に向けて広島から平和を訴えていただくのは意義がある」と語った。 (C)時事通信社