国民民主党の玉木雄一郎代表は8日、天皇陛下の東京五輪開会式への出席が調整されていることに関して「個人的な意見を申し上げれば、お出ましいただくべきではない」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。
 玉木氏は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、「国論を二分するような場に出席し、陛下の立場や存在に傷が付くようなことをさせてはならない」と指摘。「陛下にお出ましいただくのであれば、安心して参加できるような環境を整えるのが行政や政治をつかさどる者の務めだ。俗世の対立に陛下を巻き込むのは適切ではない」とも語った。 (C)時事通信社