立憲民主党の長妻昭厚生労働部会長らは9日、厚労省と東京五輪・パラリンピック推進本部事務局に、五輪関係者の新型コロナウイルス感染対策の徹底を求める要望書を提出した。
 大会の感染予防策をまとめたプレーブック(規則集)から、飲食店の個室やコンビニの利用を特例で認める記載を除外することや、濃厚接触者となった選手は原則出場不可とすることなどを求めた。 (C)時事通信社