河野太郎規制改革担当相は9日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種について「スピードが速い自治体は最適化をお願いしたい」と述べ、供給状況などを踏まえて接種ペースを緩めるなど計画の再調整を行うよう呼び掛けた。
 河野氏は「極端に速く打っている自治体があるが、そのペースでいくと、どこかでワクチンを使い切って、一気にペースが下がる」とワクチン切れを懸念。「かなり非常時の予防接種なので、微調整が入るのはやむを得ない」と柔軟な対応を求めた。 (C)時事通信社