【ベネチア時事】日米欧や中国など20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が9日(日本時間同日夜)、イタリア北部のベネチアで開幕した。多国籍企業の税逃れを防ぐ新たな国際課税ルールについて協議。新型コロナウイルスによる打撃から持ち直しつつある世界経済の動向などに関しても意見を交わす。
 日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が出席。会議は10日まで行われ、共同声明の取りまとめを目指す。対面での開催は2020年2月のサウジアラビア首都リヤドでの会議以来、約1年5カ月ぶり。開幕に先立ち、麻生財務相はイエレン米財務長官と個別に会い、意見交換した。 (C)時事通信社