国内では10日、新たに2458人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの新規感染者が2400人を上回ったのは6月5日以来約1カ月ぶり。厚生労働省によると、国内の重症者数は428人で、前日から13人減った。死者は11人。
 東京都では950人の感染が判明。1週間前の土曜日より234人多かった。埼玉(147人)、千葉(204人)、神奈川(310人)各県と合わせた1都3県で全国感染者数の6割超を占めた。大阪府では200人の感染が確認された。府内の新規感染者が200人に達したのは6月3日以来。
 都内の新規感染者の直近1週間平均は720.1人で、前週比127.9%。年代別では20代301人が最多で、30代186人、40代172人、50代107人と続いた。65歳以上は48人。都基準の重症者は前日から1人増え、63人となった。 (C)時事通信社