菅義偉首相(自民党総裁)は10日、九州・沖縄8県の各県連幹部とオンラインで意見交換した。各県連は、供給不足で滞っている新型コロナウイルスワクチン接種に関し「見通しを示してほしい」と要望。首相は「供給はしっかり行う。住民に理解いただけるよう指示したい」と応じた。
 秋までに行われる衆院選をめぐり、「調整をお願いしたい」との声も上がった。九州地方には、現職に保守系新人が挑戦するなど調整が難航している選挙区が複数ある。 (C)時事通信社