【シドニー時事】アジア太平洋経済協力会議(APEC)議長国ニュージーランドのアーダーン首相は12日に声明を出し、新型コロナウイルス危機と経済的な影響を協議するため、16日に臨時首脳会議を開催すると発表した。
 会議はオンライン形式で、APECの首脳が臨時会議を開くのは初めて。アーダーン氏は「APEC経済圏はこの1年間で第2次世界大戦後で最も大きな経済収縮に見舞われた」と指摘。参加国・地域間で情報共有を進めて「協調的な経済対応を構築する」と強調した。 (C)時事通信社