酒類の小売業者でつくる「全国小売酒販政治連盟」の吉田精孝会長は12日、自民党本部で下村博文政調会長と面会した。吉田氏は、新型コロナウイルス対策での酒類提供の停止に協力しない飲食店との取引をやめるよう政府から求められたことを受け、党が政府に見直しを促すよう求める要望書を提出。下村氏は「(業界の)厳しい現状を深く認識し、努力する」と応じた。
 要望書は「得意先からの注文を拒否することは、長年培ってきた信頼関係を毀損(きそん)する引き金となり得る」と強調。「取引停止に対する財政的支援が何ら担保されないまま、一方的に協力を求めることは承服できない」と訴えた。 (C)時事通信社