公明党の山口那津男代表は12日、東京都内で講演し、新型コロナウイルス流行で傷ついた経済の立て直しについて「コロナ後も視野に入れた経済対策を考えているので選挙の前に掲げたい」と述べ、与党として衆院選前に取りまとめる意向を示した。具体的な項目として、飲食・観光事業者を支援する新しい形の「Go To」キャンペーン実施、グリーン化やデジタル化の推進を挙げた。 (C)時事通信社