【バンコク時事】タイ保健省は12日、新型コロナウイルスワクチンについて、1回目に中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製を接種した場合、2回目は英アストラゼネカ製を投与する方針を決めた。
 タイでは主にシノバックとアストラゼネカのワクチンを使用。保健省によると、これまでにシノバックを接種した医療従事者2人が死亡している。キアティプーム保健次官は、組み合わせ使用は「免疫効果を高めるためだ」と説明した。 (C)時事通信社