立憲民主、共産両党などの議員は12日、東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検証するため、東京・晴海の選手村を視察した。立民の山井和則衆院議員は、入国時の検査で陽性と判定された選手を確定検査のため選手村に入れる運用について「強く改善を求めてきたが、聞き入れてもらえず残念だ」と批判した。視察後、国会内で記者団に語った。 (C)時事通信社