【ビジネスワイヤ】外科教育技術のシンガポール企業Kyalioとアジア内視鏡・腹腔(ふくくう)鏡外科学会(ELSA)は、内視鏡・腹腔鏡VR(仮想現実)手術ライブラリーを発表した。実際の手術シーンに基づくVRを活用した同ライブラリーにより、遠隔手術トレーニングが実現する。アジアでは50万人以上の若手外科医がこの技術の恩恵を受けることになる。(C)時事通信社